今日は国語のテストで高得点を獲得するための勉強法についてお話ししたいと思います。

国語の文章問題に苦労する中学生は多いですが、ただ単に本や小説を読むだけでは、テストで高得点を取ることは難しいのです。

国語で点数を取るための勉強と読書はすこし違うのです。

国語テストで点数を取るための重要ポイント

「国語は読書量が多ければ多いほど得意になる」というものがあります。
国語が苦手だから本をたくさん読もうという考え方です。

この考え方は半分正しくて半分間違っています。
読書は語彙力を増やし、文章を理解する力を養うのに役立ちます。

ですが、国語のテストで良い点数を取るためには、もっと具体的なスキルが必要です。

国語で点数を取るためのスキルには、たとえば次のようなものがあります。

指示語の理解

文章中で「これ」「それ」「あれ」といった指示語が何を指しているのかを正確に捉えることが重要です。これらの指示語がつなげている内容を見失うと、文章全体の理解が崩れます。

接続語の役割

「しかし」「だから」「そのため」などの接続語は、文章の流れを理解する鍵です。
これらを見逃すと、作者の意図や論点を見落とす原因になります。

因果関係の把握

文章中で述べられている事象間の因果関係を理解することが重要です。
何が何を引き起こしているのか、またはどのような結果につながっているのかを把握することで、深い読解が可能になります。

対立関係の理解

対立している意見や見解を理解し、それらがどのように文章中で展開されているかを把握することも、ポイントです。

国語を「ノー勉」で高得点を取る人たちの正体

国語では、ほとんど勉強していないのに点数が取れるという人がいます。
こういった人は、上記の点数を取るスキルが自然と身についています。

国語の場合は、勉強をしなくても、なんとなく能力が身についている人がいるんです。
これは英語や数学との大きな違いです。

そして、これが国語を『ノー勉』で点数を取る人の正体です。

まとめ

ノー勉で点数が取れるという人はいいでしょう。
でも、そうでないなら、英語や数学と同じように、問題を解く方法を学ぶ必要があります。

残念ながら、本を何冊読んでも、テストで点数を取るための「国語の学力」が上がることはありません。

高校受験用の国語の問題集や参考書を使って勉強することが必要です。

兵庫いぶき塾では、これらのスキルを徹底的に指導し、生徒一人ひとりが国語のテストで高得点を取れるようにサポートしています。

国語の点数を上げたいという人は一度兵庫いぶき塾までご相談ください。

小学生から中学校まで、問題の解き方をしっかり解説します。

全教科2週間無料でお試しできます

コメントを残す