学校の勉強は…大切にしてください。

最近、SNSなどで「成績が悪い中学生は、中3の2学期は学校の勉強を捨てて復習を」っていう考えを最近よく見るんです。

これ、、絶対に真似しないでください。

兵庫県で高校受験を受けるなら、学校の勉強は絶対に捨てちゃダメです。
理由は次のとおり。

  • 内申点が受験の半分になる。
  • トップ高は内申点取れてて当たり前だから、学校勉強をサボって評価を下げられるとマズい。
  • トップ高以外は学力検査でなかなか差が付かないから、内申点勝負になる。
  • 一日の大半を過ごす学校の授業を捨ててしまう弊害がめちゃくちゃ大きい。

兵庫県の公立高校入試は、内申点めちゃくちゃ比重が大きいです。

そのため、「学校の勉強をサボって評価下げられた」とか、「学校の勉強は捨てたから定期テスト惨敗」なんてことをしている場合ではありません。

また、生活の大半を過ごす学校の勉強を捨てることの弊害がめちゃくちゃ大きいと思います。

中学生の生活の大半が学校の授業。
その授業を捨てるって言うのは、一日の大半を無駄にしてしまうのと同義かなって思います。

もちろん、内職するとかっていうこともあるんでしょうけど、先生にバレないか警戒しながらする勉強なんて効率を上げられないと思うんです。

大学受験で不要な教科の授業もある高校生ならともかく、中学生はそんなことする必要ないです。

学校の授業がそのまま入試に出ると思って勉強しましょう。

「勉強が苦手、だから中1内容からやり直さないと」というのは事実でしょう。
ですが、授業を捨てるというのは違います。

並行して頑張りましょう。
学校の勉強もこれまでの勉強もどちらも重要です。

「どっちかを捨てて…」という話ではないと思います。

今までやれてないなら、時間を掛けて取り返すべきです。

勉強の仕方で迷っている人は、兵庫いぶき塾にご相談ください。
無料の学習相談をご用意しています。

全教科2週間無料でお試しできます

コメントを残す