兵庫県公立高校入試のおすすめ過去問題集、過去問活用勉強法

高校受験までに、必ず学習するべきなのが過去問です。

受験生の中には、入試本番直前に大きく学力を伸ばしていく人がいます。

そういった受験生の多くが、過去問を使った勉強を上手に行なっています。

今回は、過去問を使って効率よく学習する方法について解説します。

また、過去問は様々な出版社から販売されており、無料でダウンロードできるサイトも!

この記事では、その中でも、特におすすめのサイトや問題集をご紹介します。

兵庫県公立高校入試の過去問について徹底的にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

兵庫県公立高校入試の過去問を無料でダウンロードできるサイト2選

兵庫県公立高校入試の過去問を無料でダウンロードできるサイトがあります。
その中でも使いやすいサイトは次の2つです。

兵庫県公立高校入試の過去問を無料でダウンロードできるサイト

晶学社とリセマムのサイトでは、pdfファイル形式で兵庫県公立高校入試が無料ダウンロードできます。
この2つのサイトを紹介します。

昌学社

晶学社は「兵庫模試」を実施している会社です。

昌学社のホームページでは、平成23年度入試(2011年3月入試)から最新年度の令和4年度(2022年3月入試)までの問題と解答が掲載されています。

昌学社のサイトを使うことで、過去問演習を無料で12年分行なえます。

リセマム

リセマムは、株式会社イードが運営している学習メディアです。
未就学児・小学生・中学生・高校生の保護者を主な対象に、小学校受験・中学受験・高校受験・大学受験・英語教育・教育ICT・教育イベント・プログラミング教育など教育情報を中心に提供しておられます。

リセマムでは、兵庫県公立高校入試の過去問は、2014年度入試から最新年度の2022年度入試までの問題・解答が掲載されています。

また、リセマムでは兵庫県だけでなく、全国の公立高校入試の過去問を解くことが可能です。

「兵庫県の過去問は解いたから、他の都道府県の問題で力試しをしたい!」という人に特におすすめです。

リセマム2022年度兵庫県公立高校入試国語問題

少し残念なのが、国語の問題で掲載されていない問題があること。

著作権の配慮のため仕方がないことではありますが、国語は実用的でない印象です。

過去問題集の購入をおすすめする理由

無料でダウンロードできるサイトを紹介しました。

ですが、高校受験生には過去問題集の購入をおすすめします。

書籍代が掛かってしまっても過去問題集を使うことをおすすめする理由は次の5つです。

1つずつ説明します。

印刷の面倒がない

サイトから無料でダウンロードした過去問を利用するときは、印刷して使うことになります。

  • 英数国理社5教科の問題をダウンロード(10分)
  • 英数国理社5教科の解答をダウンロード(10分)
  • 英数国理社5教科の問題を印刷(15分)
  • 英数国理社5教科の解答を印刷(15分)

家にプリンターがあったとしても、これだけの手間が1年分の過去問を勉強するだけでも勉強前に掛かります

印刷に慣れている人でも、1年分5教科印刷するのに50分程度は掛かるでしょう。

時間が大切な受験生にとって、印刷する手間はもったいないです。

印刷コストがかからない

また、実は印刷代も安くはありません。

家庭用のプリンターはインク代も高価です。

紙代も含めると、書籍を購入する金額と大差はないでしょう。

問題カットの心配がない

先ほどご紹介したように、無料の過去問では、著作権保護の観点から問題がカットされている物があります。

特に国語の読解問題に多いです。

後ほどご紹介する過去問題集では、問題カットの心配はありません。

解説が充実している

過去問題集には、解答のほかに解説が掲載されています。

無料の過去問題集は、解答がついているだけ。

「なぜ、その答えになるの?」ということがわかりません。

過去問題集は解くだけでは学習効果はあまり得られません。

間違えた問題を復習することが大切です。

過去問で解けなかった問題を、解説を読んで復習することで、本番では正解することが理想です。

解説をしっかり読んで学習したいところです。

受験生に向けた工夫がされている

過去問題集はどれも受験生が利用しやすいように工夫されています。

後ほどご紹介しますが、解説がとにかくわかりやすい物や、本番の試験同様のレイアウトで過去問演習できる物などがあります。

「問題が掲載されているだけ」の無料ダウンロードを利用するのとは学習効率が大きく変わってくるでしょう。

兵庫県公立高校受験におすすめの過去問題集3選

ここからは、いぶきWebスクールがおすすめする兵庫県公立高校入試の過去問題集を3冊ご紹介します。

書籍名エディック
創造学園が教える
兵庫県の高校入試
兵庫県公立高等学校
過去入学試験問題集
兵庫県公立高等学校
赤本
出版社 エディック・創造学園教英出版英俊社
価格 1,320円 880円 1,100円
収録年数 過去5カ年分
(収録問題の省略なし)
過去3カ年分
(収録問題の省略なし)
過去5カ年分
(収録問題の省略なし)
リスニング音声 音声CD付き音声CDなし
インターネット再生可能
音声CD付き
インターネット再生可能
問題用紙や解答用紙のレイアウト解答用紙はダウンロードして使う。
解説が分厚いので少し重たい。
実際の試験に近いプリント形式の問題紙面と解答用紙問題集を通して字が小さく余白も狭い。
少し読みづらい。
解説の詳しさや
わかりやすさ
過去問題集の中では圧倒的にわかりやすい。解説はまずまず詳しい。
選択式の問題では解答以外の選択肢も解説されている。
解説のレベルは少し高い。
ある程度の学力がないと理解するのが難しい。
こんな人におすすめ解説のわかりやすさを重視したい人。
読んで勉強することが苦手な人でもわかりやすい解説。
入試本番に近いレイアウトで演習したい人。 なるべく安く過去問題集を手に入れたい人。みんなが使っているのと同じ過去問を使いたい人。
AmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェック

いぶきWebスクールが最もおすすめする過去問題集は、エディック・創造学園が教える兵庫県の高校入試2022です。

ですが、この3冊はそれぞれに良さがありますので、1つずつ見ていきましょう。

エディック・創造学園が教える兵庫県の高校入試

「エディック・創造学園が教える兵庫県の高校入試」の特徴は、解説が他の過去問題集と比べて圧倒的にわかりやすいことです。

書籍名エディック創造学園が教える兵庫県の高校入試
出版社 エディック・創造学園
価格 1,320円
収録年数 過去5カ年分
(収録問題の省略なし)
リスニング音声 音声CD付き
問題用紙や解答用紙のレイアウト解答用紙はダウンロードして使う。
解説が分厚いので少し重たい。
解説の詳しさや
わかりやすさ
過去問題集の中では圧倒的にわかりやすい。
こんな人におすすめ解説のわかりやすさを重視したい人。
読んで勉強することが苦手な人にも。
AmazonでチェックAmazonサイトを見る

兵庫県公立高等学校過去入学試験問題集

「兵庫県公立高等学校過去入学試験問題集」実際の試験に近い問題紙面・解答用紙をプリント形式で収録されていることが特徴です。

実際の試験をイメージしながら過去問演習ができます。

書籍名兵庫県公立高等学校過去入学試験問題集
出版社教英出版
価格880円
収録年数過去3カ年分
(収録問題の省略なし)
リスニング音声 音声CDなし
インターネット再生可能
問題用紙や解答用紙のレイアウト実際の試験に近いプリント形式の問題紙面と解答用紙
解説の詳しさや
わかりやすさ
解説はまずまず詳しい。
選択式の問題では解答以外の選択肢も解説されている。
こんな人におすすめ入試本番に近いレイアウトで演習したい人。 なるべく安く過去問題集を手に入れたい人。
AmazonでチェックAmazonサイトを見る

兵庫県公立高等学校 赤本

赤本は、最も有名で使用している受験生が多い過去問題集です。

今回紹介する中では最も有名な過去問題集です。

書籍名兵庫県公立高等学校 赤本
出版社英俊社
価格 1,100円
収録年数 過去5カ年分
(収録問題の省略なし)
リスニング音声 音声CD付き
インターネット再生可能
問題用紙や解答用紙のレイアウト問題集を通して字が小さく余白も狭い。
少し読みづらい。
解説の詳しさや
わかりやすさ
解説のレベルは少し高い。
ある程度の学力がないと理解するのが難しい。
こんな人におすすめみんなが使っているのと同じ過去問を使いたい人。
AmazonでチェックAmazonサイトを見る

高校受験過去問を使った効率の良い学習法【5ステップ】

ここからは過去問の効果的な学習法をご紹介します。

これまで指導してきた中にも、入試本番直前に大きく学力を伸ばした受験生がいます。

学力を大きく伸ばした受験生に共通していた勉強の取り組み方についてご紹介します。

「過去問の演習」と「単元別・分野別の学習」を両立することが大事です

過去問を使った勉強と、単元別の学習は両立して行なうようにしましょう。

過去問を解くことで、次にあげるような様々な気付きがあります。

  • 英語の過去問を解いて単語が覚えられていないときに気付く。
  • 数学の過去問を解いて、図形の証明が苦手なことに気付く。

これらの例のように、過去問を解くことで自分の苦手単元や改善点などに気付くことができます。

そして、過去問を解くことで気付いた、苦手単元や改善点に向けて単元別・分野別の学習に取り組むことが大切です。

過去問演習」と「単元別・分野別の学習」を両立することで成績が上がる

  • 過去問を解くことで弱点や改善点に気付く。
  • その改善点を単元別の学習を行なうことで改善する。
  • 改善点を改善できた分だけ成績が上がる。

過去問演習で気付いた改善点を、単元別の学習で改善していくことで成績を上げていくイメージを持つことが大切です。

過去問を使った勉強の流れ5ステップ

過去問演習で気付いた改善点を単元別の学習で改善していく、過去問を使った勉強の流れ5ステップを具体的にご紹介します。

1ステップずつ説明していきます。

ステップ①過去問を試験と同じように解く

まずは、試験と同じように解きましょう。

時間を計って、机の上には試験問題以外は置かずに解く。

ある程度の緊張感を持って解くようにしたいです。

ステップ②丸付けをする

試験を解いたら丸付けをしましょう。

点数は別にどうでもいいです。

点数よりも大切なのは、その後の復習です。

また、過去問演習を続けている場合は、以前の弱点が克服できているかどうかもチェックしましょう。

「前できなかった問題ができるようになってる!」

このようになっていたら良い勉強ができている証です。

ステップ③間違えた問題をやり直す

間違えた問題は解説をしっかり読み、やり直しましょう。

解説を読んでも理解できない場合は、身近な先生に質問するようにしましょう。

この記事を書いている、兵庫いぶき塾の篠原も過去問を演習する時期になると、たくさんの質問を受けます。

しっかり理解できるまで、こだわって勉強する受験生ほど大きく学力を伸ばしていきます

ステップ④自分の弱点を分析する

過去問を解いた結果を見て弱点を分析するようにしましょう。

  • 特に点数が取れていない分野や単元
  • 問題を解いたときにできていないと感じたこと

このような部分を改善していくことが過去問演習では最も大切なことです。

ステップ⑤取り組みを決めて実行する

ステップ④で分析した弱点をなくしていく取り組みを決めて実行しましょう。

たとえば、英語の長文を読むときに単語がわからないと感じたなら、単語帳に毎日取り組む。
数学の図形ができていないなら、問題集の該当する範囲に取り組む。

このような、弱点を改善するための取り組みを行なうことで成績は飛躍的に伸びていきます

兵庫県公立高校入試の過去問に関するよくある質問

兵庫県公立高校入試の過去問について、よくいただく質問と回答をまとめました。

1つずつお答えしていきます。

兵庫県公立高校入試の配点は?

兵庫県公立高校の一般入試は学力検査250点+内申点250点の合計500点で合否が決まります。

学力検査は、英語・数学・国語・理科・社会の5教科で行なわれます。
テストはすべて100点満点で行なわれますが、50点に圧縮(実際の点数の半分になる)されて合否判定に使われます。

内申点は、英語・数学・国語・理科・社会の5教科と、音楽・美術・技術家庭・保健体育4つの副教科で計算されます。
内申点の判断基準となる「評定」は中学校がすべて5段階評価で査定します。
5教科の内申点は「評定×4」、副教科の内申点はは「評定×7.5」で計算されて合計250点になります。

兵庫県公立高校の入試制度については、下記の記事でくわしく解説しています。

兵庫県公立高校入試の平均点は?

兵庫県公立高校入試での過去5年間の平均点は次のとおりです。

2018年2019年 2020年2021年2022年
国語60.0点57.4点48.5点53.2点56.3点
社会62.3点62.8点53.4点60.1点56.3点
数学54.9点51.7点52.3点52.6点51.8点
理科36.1点43.4点55.1点51.7点41.4点
英語51.8点53.9点54.2点52.1点55.6点
5教科合計255点269.5点263.5点269.5点261.5点

兵庫県公立高校入試の平均点については、下記の記事でくわしく解説しています。

独自に算出した学校別の合格ラインも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

高校受験に向けて過去問はいつから学習を開始すればいい?

過去問を使った勉強は年明けごろから始めることをおすすめします。

過去問演習の時期を早めすぎることもあまりおすすめしません。
中3の3学期に学習する内容も入試には出題されるからです。
「習ってないからわからなくて当たり前」と言うことになってしまいます。
そのため、基本的には中3の冬休みくらいからで大丈夫です。

また、2月や3月の入試ギリギリまで引き延ばすこともあまりおすすめしません。
兵庫県公立高校の受験生の多くが私立高校を併願校として2月に受験します。
そのため、私立高校受験直前(1月中旬から2月の入試まで)は、私立高校対策の勉強をしたいと感じるからです。

私立高校の受験対策を始める前に一度、公立高校入試の過去問を1~2年分程度解いてみるのがおすすめです。

兵庫県公立高校入試でどういった問題が出題されるか理解した上で、1月から3月の受験勉強に取り組むことができるからです。

先ほどもお伝えしましたが、過去問だけやっていても成績は上がりません。
過去問をやって苦手に感じた内容を、単元別の勉強で克服することで、点数が上がっていくイメージで学習しましょう。

今回のまとめ

今回は、兵庫県公立高校入試の過去問についてお話しました。

過去問を使った学習で大切なことは、「過去問の演習」「単元別・分野別の学習」を両立することです。

  • 過去問を解くことで弱点や改善点に気付く。
  • その改善点を単元別の学習を行なうことで改善する。
  • 改善点を改善できた分だけ成績が上がる。

この流れで、中3の冬休みから過去問演習と単元別の学習を並行して取り掛かりましょう。

過去問は無料でダウンロードできるサイトもあります。
ですが、学習効果を高めるためには有料の問題集を利用して学習することをおすすめします。

いぶきWebスクールでは特に次の3冊をおすすめしています。

それぞれの過去問題集にそれぞれの良さがあるので、今回の記事を参考に選んでみてください。

最後にもう一度比較表をご紹介します。

書籍名エディック
創造学園が教える
兵庫県の高校入試
兵庫県公立高等学校
過去入学試験問題集
兵庫県公立高等学校
赤本
出版社 エディック・創造学園教英出版英俊社
価格 1,320円 880円 1,100円
収録年数 過去5カ年分
(収録問題の省略なし)
過去3カ年分
(収録問題の省略なし)
過去5カ年分
(収録問題の省略なし)
リスニング音声 音声CD付き音声CDなし
インターネット再生可能
音声CD付き
インターネット再生可能
問題用紙や解答用紙のレイアウト解答用紙はダウンロードして使う。
解説が分厚いので少し重たい。
実際の試験に近いプリント形式の問題紙面と解答用紙問題集を通して字が小さく余白も狭い。
少し読みづらい。
解説の詳しさや
わかりやすさ
過去問題集の中では圧倒的にわかりやすい。解説はまずまず詳しい。
選択式の問題では解答以外の選択肢も解説されている。
解説のレベルは少し高い。
ある程度の学力がないと理解するのが難しい。
こんな人におすすめ解説のわかりやすさを重視したい人。
読んで勉強することが苦手な人でもわかりやすい解説。
入試本番に近いレイアウトで演習したい人。 なるべく安く過去問題集を手に入れたい人。みんなが使っているのと同じ過去問を使いたい人。
AmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェック

最後までお読みいただきありがとうございました。

いぶきWebスクールでは、兵庫いぶき塾で日ごろ生徒たちにお伝えしている高校入試情報や学習法をお伝えしてます。

兵庫いぶき塾の授業や保護者面談では、この記事では紹介しきれていない内容も指導することで、志望校合格や成績アップを実現しています。

兵庫いぶき塾では無料学習相談2週間の無料体験を行っています。

高校受験は中長期的な戦略が重要で、正しい方法で学習することで効率よく成績を上げられます。

高校受験について不安がある方や、成績アップを目指して勉強を頑張りたい方は、ぜひ兵庫いぶき塾にご相談ください。

兵庫いぶき塾の2週間無料体験・学習相談のお申し込みはこちらからお申し込みいただけます。

コメントを残す