【中2英語】できなくなっちゃったところまで戻ろうよ【夏休み】

こんにちは
兵庫いぶき塾の篠原です。

兵庫いぶき塾では、昨日から夏期講習を開始しました。

昨日の授業は中学2年生の英語
中2英語は2学期以降に、助動詞や動名詞・不定詞などの内容に進みます。
どんどん文法ルールが複雑になっていきます。

 

そして、中2の2学期以降に英語で躓く生徒は、
『中学1年生の内容が理解できていないこと』が主な原因であることが多いです。

 

まず、中学英語の学習の捉え方について覚えておいてほしいことがあります。

 

それは、英文法は、1の初めに学習した内容をベースにどんどん新たな知識を肉付けしていくような形で学習が進んでいくということです。

特に中2で英語に苦しむ人は、
「be動詞の文」と「一般動詞の文」という2つの基本的な文法の理解ができていないことが原因のことが多いです。

 

「be動詞の文」と「一般動詞の文」が完全に理解できていない状態で助動詞・動名詞・不定詞などを学習することは不可能です。
グラグラの土台の上に物を乗せるような感じで、すぐに崩壊してしまいます。

 

中2の夏休み。
2学期に一気に難しくなる英文法のために、1年生の内容を復習できる最後の期間。
そして、学校生活の負担が減り一年間の間で1番復習に時間が掛けられる時期でもあります。

 

「2学期以降の英語に躓かないために、復習に時間を掛けられる最後のチャンスだよ。」
そのように、生徒たちには伝えています。

 

もし、中1内容が不確かなのであれば、すぐに手を打つ必要があります。

 

でも、今ならまだ間に合います。

 

というのも、中1の英語は25の単元をしっかり学習すれば復習を終えることができるからです。

 

そして、一つにかかる時間はおよそ1時間程度。
毎日1時間やっていけば、夏休み中に終わらせることが可能です。

 

「できなくなったところまで戻って勉強しよう。この夏休みしっかりやれば大丈夫!毎日やろう!」
昨日はそう宣言してから、授業を開始しました。

 

 

夏期講習無料体験受付中 
小学校4年生から高校3年生まで
詳細はこちら↓

兵庫いぶき塾の夏期講習会

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
0797-26-7600