『良い勉強のやり方』が今日の小学生算数の授業に詰まっています

こんばんは。
兵庫いぶき塾 塾長の篠原です。

 

今日は、小学校6年生の算数の授業がありました。
今日の内容は『縮図の利用』

 

算数が得意な生徒が珍しく先週の授業ではこの範囲を苦手そうにしていたので、
「リベンジ!」という事で今日は先週と同じ内容を学習しました。

 

最初は理解に結構苦しむ場面もありました。
本人も先週と今週が同じ苦手な内容で辛かった部分もあったことでしょう。

それでも、2週間学習した成果もあり、授業の終わりにはしっかり解けるようになっていました。
帰りには、解けるようになった嬉しい表情をしていました。

 

僕はこの話の中に、
勉強のやり方の基本が詰まっているような気がします。

 

「やり直しを徹底しよう」
僕がいつも生徒たちに言っていること。

 

今、兵庫いぶき塾に通っている生徒の多くが入塾前も勉強を頑張っていた生徒です。
他塾で一生懸命勉強をしたり、塾に通わずご自宅で一生懸命勉強なさっていた方がほとんどです。

 

ですが、そうした生徒たちに何が必要だったのかというと勉強の仕方の改善です。
ほとんどが『やり直し』の徹底をしていくことが必要でした。

 

・一回解く
・丸付けする
・間違えた問題を赤ペンで答えを書く

 

ほとんどの小学生や中学生がこのような勉強の仕方をしています。

そして、一見何の間違いもなさそうな、この勉強の仕方には大きな落とし穴があるのです。

 

というのも、この勉強をやり終えた状態というのは『解ける問題と解けない問題を分別した状態』なのです。
要は、『解けない問題は、次も解けないままになる可能性が高い』ということ。

 

 

成績を上げるためには、
『間違えた問題を、次回は解けるようにしていかないといけない』のです。

 

・「×」のついた問題の解説を熟読。
・解説を読んでもわからないところは質問をする。
・自分の答えと正答を見比べ何がダメだったかを検証する。
・自分の力で解き直し、解けなかった問題を解けるようにする。

 

今日、小学生が取り組んだこうした学習が必要です。
成績アップのための勉強は丸付けをしてからが勝負なんです。

 

そして、今日の小学校6年生の授業ではこの良い学習の流れができていました。

 

先週・今週と同じ範囲の問題で苦しんでいました。
それでも、最後には解けるようになって笑顔。

 

学習した内容はもちろんですが、
「これからの勉強こうやっていけばいいんだ」
という全教科に通ずる学び方を知ることができました。

 

勉強のやり方を学習の中から学び取ることができました。
彼はこれからもっともっと伸びる。

 

とてもよい授業でした。

 

 

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
0797-26-7600