【教科書改訂】2021年中学英語の難易度が上がります【小学校からの学習がカギ】

こんにちは。
塾長の篠原です。

今日は、来年度から使われる中学校の教科書の展示会に行ってきました。
来年度からどの教科も高校からの移行などに伴い分量が増加する中学校の教科書。
特に英語の変化が凄まじいです。

4技能を身につけるための教科書が増強されています。

リスニング:各章リスニングのページから始まり、聞く量が確保されています。
スピーキング:意見を発表するものが全ての章にあります。
ライティング:文法は高校内容の仮定法が中3にやってきたり、分量・スピード共にアップしています。
リーディング:中3最終章の長文は、現高2で平均的な学力の子でも読むのに苦戦しそうです。

そして、小学校で習っている事が前提とされている中学1年生のLesson1が印象的でした。

中1のLesson1-1にbe動詞・一般動詞・canが出てきます。
現行の教科書では、1学期の中間テストでbe動詞をやって、期末テストで一般動詞に入って…という流れでした。(canは学年末)

『小学校英語を教科化したでしょ。その中で学習してきたんだからこのぐらいできるよね?』
まるで、そう言わんばかりの内容です。
教科書内容の圧倒的な増加、中1はじめからの文法知識の増加など

来年からの中学英語はこれまでとは比べ物にならないスピードで進んでいくはずです。

小学生5・6年生にとって、
『基本単語の暗記と、文法内容(ライティング)の学習開始』が、これまで以上に大切になってくることは間違いなさそうです。
兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
0797-26-7600
info@hyogoibuki.com