中学校1年生と中学校2年生が冬休みにやるべきこと【実力テスト・学年末テスト対策】

こんにちは、兵庫いぶき塾 塾長の篠原です。
2学期期末テストも終わり、生徒たちには次が3学期のテストを目標に勉強を頑張っていこうとお話をしています。
そこで、大切になってくるのは、冬休みの過ごし方です。

今回は、3学期のテストについてご説明します。
また、後半では、実際に冬休みにおこなう勉強で気をつけるべきポイントをご紹介します。

YouTube版も公開しています

スポンサーリンク

3学期に行われるテストについて

3学期は1月から3月の大体2ヶ月半くらいの間に定期テストとして学年末テストがあります。
あとは、結構多くの中学校で冬休み明けに実力テストがあります。

実力テストっていうのは、これまでの全範囲が入るテストですね。
実力テストの代わりに、冬休みの宿題が出題範囲になる課題テストというのが行われる学校もあります。

といっても、冬休みもこれまでの範囲が宿題に出ていることがほとんどなので、要は課題テストも実力テストもほとんど同じです。

ということは、冬休みの間にやっておかないといけないのはこれまでの復習です。

3学期の予習はしないで大丈夫?

「もしかすると、3学期の復習はしないで大丈夫なのかな?」と思われるかもしれません。
ですが、基本的には復習メインでやっていくべきだと思います。

というのも、冬休みってそんなに長くないんです。

西宮市1225日~1月6日。宝塚市は12月26日~1月4日までです。

大体2週間くらいしかないんです。

ですので、「あれもこれも・・・」というのはちょっと無理です。

しっかり復習に絞って学習していくべきだと思います。

スポンサーリンク

どうやって復習するか

じゃあ、冬休みにどうやって復習するべきかと言うとまずは学校のワークをしっかりやることです。

書き込みなどが多くて、もし使いにくい状態ならば、市販の問題集だと文理の中学教科書ワークか学研の中学ニューコース問題集が使いやすいと思います。

・文理の中学教科書ワークはこちら→ https://amzn.to/36j0MBJ
・学研のニューコース問題集 はこちら→https://amzn.to/2JjoqFp

どちらもオススメですので、レイアウトや、中身を見てみて好きな方を選んで学習することをオススメします。
また、学校で復習の課題が出されていたら、それをきちっとやるこんでほしいと思います。

特に、英語と数学は2学期までの内容はしっかり復習を!

英語と数学は2学期までの内容はしっかりやり直しておきましょう。

特に英語と数学の3学期の内容では、2学期までの内容を使うので、2学期までの内容がぐらついていると苦労します。

英語だと中2は不定詞・中1は助動詞のcanくらいまで進んでいるはずです。
数学だと中2は一次関数と図形・中1は方程式の文章題と2学期までに学習した図形はきっちりやっておく事が必要です。
 
そして、英語と数学は結構自信あるという人は理科と社会に取り組んで見てほしいと思います。
実力テストの高得点を狙った勉強になりますし、過去の内容をやり直して、思い出しておくことは後の高校入試に大きく活きてくるからです。

学校のワークとか、もし可能なら一問一答形式の問題集を使ってもらえればと思います。 

理科と社会の一問一答形式の暗記には、旺文社の一問一答シリーズがオススメ→https://amzn.to/3mlNh9J
スポンサーリンク

冬にいただくことが多い学習に関するご質問

冬休みに苦手を克服する勉強をするには?

勉強が苦手な人

学校のワークが難しいんです。この冬、苦手を克服したいのですが何をやればいいですか?

・苦手教科の復習には学研の「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズオススメです→https://amzn.to/2Jn1Tay 

英語と数学の場合、できないのは実は中1の内容ということもあるので、中2でも中1からやり直しをする必要がある場合が多いです。
ですが、何度もいうように冬休みは時間がそんなにありません。
時間もそんなに多くない冬休みでは1教科をやりきるくらいでギリギリだと思います。

「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズは解説詳しいですが問題数が少ないので学校のワークで演習量を確保してほしいと思います。

冬休みに得意教科をどんどん伸ばしたい人は 

勉強が得意な人
学校のワークは簡単に感じてしまいます。せっかくの冬休みなのでなにか難しいことがやりたいんです。
勉強が得意で、どんどん伸ばしたいっていう人は、文英堂の中学最高水準問題集がおすすめです。→https://amzn.to/37hbNCS
正直に言って、中学生の問題集って難しい問題がしっかり掲載させているものって少ないです。
塾専用の教材が圧倒的に勝っている部分だと思います。

おそらく売れないからなんだと思いますが…。

今回の内容は以上です。
冬休みに復習をしっかりやって実力テスト頑張ってくださいね。

皆さんの成績アップを願っております!

今回の内容のまとめ
①3学期のテストについて
定期テストとして学年末テストがあります。
あと、多くの中学校で冬休み明けに実力テストがあります。
②冬休みにやっておくべき勉強
2学期の内容が3学期の内容のベースになっていますし、実力テストもあるので、冬休みには復習をしていくべきです。
冬休みって2週間位しかないですし、年末年始とか楽しいイベントもあります。
実際にはそんなに多くのことはやれないと思います。
だからこそ復習だけは、しっかり行っていくべきです。
③具体的な復習の方法
英語と数学は2学期までの内容はしっかりやり直しておきましょう。
学校の宿題があればそれをしっかり。
他には、学校のワーク類のやり直し。
書き込みとか多くてやれないって状態だったら、中学教科書ワークか中学ニューコース問題集がオススメ。
冬休みに気合を入れて苦手を克服したい方は学研さんの「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズを、反対に難しい問題に取り組みたい人は文英堂さんの最高水準問題集がおすすめです。

 

 

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
0797-26-7600
info@hyogoibuki.com

スポンサーリンク