【国語】読解問題を解けるようになるために必要な2つの力!

みなさん、こんにちは。
兵庫いぶき塾の篠原です。

みなさん国語ってきちんと勉強していますか?

国語、特に読解問題は、
「勉強しなくても日本語だから読んだらわかる」と言われたり、
「塾で習ってもなかなか上がりにくい」とか言われたりする教科です。

 

良くも悪くも読解問題は勉強する意味がないのでしょうか?
答えはもちろん、NOです。

 

国語の読解問題も、正しい勉強の仕方で取り組めば必ず伸びます!

読解問題を解けるようにするために必要な2つの力をご紹介します!

読解問題を解くために必要な1つめの力は、文章を読む力

文章が読めないと問題を解くことはできません。
文章が何を言っているのかよくわからない。
そして、問題が解けず、問題を解いている間に眠たくなる。

その原因の一つに、語彙力があります。
例えば、『恒常性』・『秩序』・『おびただしい』・『凛とした立ち姿』・『冷淡』・『如実』、これらの言葉の意味をきちんと答えられますか?

これらは最近2年の兵庫県の公立高校入試の問題で出てきた言葉です。

日本語とはいえ、普段生活の中で使う『話し言葉』と文章中に出てくる『書き言葉』は全く異なります。
中学生にとってこうした普段の生活ではあまり使わないような言葉が出てきています。

そのような言葉で書かれた文章から内容を正確に理解できるようになるためには、言葉の知識を増やしていく必要があります。

 

語彙力を増やすことで文章を読めるようになります。
それが、テストに活かせる勉強です。
毎回の授業で語彙力のテストをおこなっています。

 

そして、もちろんその培った語彙力を使って読む練習も必要でしょう。
読めていると思っていても全く違うように解釈しているということもあります。
きちんと正確に読めているか確認が必要です。

 

それには、第三者の確認が有効です。
「どんな事が書いてあった?」という質問を投げかけます。
そして、きちんと文章が読めているかチェックをしています。

読解問題を解くために必要な2つめの力は、問題に答える力

例えば、
理由を聞かれる問題の答え方。
抜き出しなさいという問題の答え方。
問題を解く順番やテストでの時間配分。

 

簡単に言うと、問題を解くためのスキルです。

 

「本はよく読むのに国語の文章問題は解けない」
という相談をよく受けますが、そういった人は問題に答える力が足りていないことが多いです。
(読んでいるだけで、読めていないということもありますが…。)

 

問題に答える力をつけるためには、
問題をたくさん解いていくことが大切です。

 

そして、どうしてその答えを選択したのかを確認しながらやっていくのが一番です。
それは対話しながら、確認していくようにしています。

【読解問題を解けるようになるために必要な力】まとめ

・読解問題を解けるようになるためには、
【文章を読む力】と【問題に答える力】の2つの力が必要。

・【文章を読む力】をつけるためには、
語彙力を増やすことと、文章を理解できているかの確認が大切。

・【問題に答える力】をつけるためには、
問題をたくさん解き、解答の根拠を対話していくのが大切。

 

兵庫いぶきの国語の授業では、
【文章を読む力】と【問題に答える力】の2つを身につけていくことができます!

 

夏期講習無料体験受付中 
小学校4年生から高校3年生まで
詳細はこちら↓

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
0797-26-7600