【期末テスト】次の定期テストでは意識してほしい2つのこと

みなさんこんばんは
兵庫いぶき塾 塾長の篠原です。

今日で兵庫いぶき塾に通う中学生の1学期期末テストが終了しました。
西宮市の公立中学校はおそらく今週がテストだったところがほとんどなのではないでしょうか。

生徒の皆さんが土日のテスト対策や平日の自習などを通して、非常に努力しておられました。
特に印象的だったのが中1のSさん。
3月に入塾になってから、日々学習を頑張り、更にこのテスト前には毎日自習に来てしっかりと学習をしておられました。
高3の生徒からも「あの子めっちゃ頑張ってますね」と言われるほど素晴らしい姿でテスト前の学習を進めておられました。

 

今回の期末テストは、
新型コロナウイルス感染症拡大防止のための3月から6月までの休校により例年と比べて日程が遅くなりました。
中間テストも実施がなく、また6月から2か月間で今までにないほどのスピードで進んだ教科も少なくありませんでした。
そんな中だったので、範囲も広く非常に学習が難しいテストだったと思います。

ですが、今回のテストの反省を良かった面も悪かった面も含めて今後に活かしてほしいなと思います。

今日は、今後の定期テストのために徹底していくべき2つのことを簡単にまとめていきます。

①学校の宿題は1週間前までに終わらせること

テストで成績を伸ばす生徒は、何度も同じ問題を繰り返しています。

最初は解けなかったところは解けるようになるまで、
解説を読み、質問をし、繰り返し解き直すことで自分が解ける問題に変えていっています。

そのため、学校の宿題をテスト(提出)ぎりぎりに終わらせるというのでは成績アップは難しいです。
テスト1週間前までには、学校のワーク類などはしっかり終わらせるというのが目標になります。

②教科書の英単語は定期的にしっかりと行っておくこと

今回の期末テストは中間テストがなかったこともあり、
英語のテスト範囲が広い学校・学年が多かったように感じます。

そのため、テスト直前に英単語の暗記で苦しんでいた生徒が多かったように感じます。

生徒たちの声を聞くと、
学校の授業では書き取ったり覚えたりする時間はなかなか用意されていないようです。

これは、コロナの影響で学校の授業のスピードが速くなっているという事も影響がありそうです。
そのため、しっかり日頃から英単語は覚えていく必要があります。

 

今回のテスト勉強を通じて、良かった子とそうでなかったこと、いろいろなことを感じたはずです。
もし、「もう少しああしとけば良かった」ということがあるなら、次はその点から良くしていきましょう!!

 

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
0797-26-7600