2月8日→中1国語・中1英語

兵庫いぶき塾の塾生が通う中学校(西宮市立塩瀬中学校・宝塚市立御殿山中学校)では学年末テストが2月24日から行われます。
そのため、中1・中2の授業は学校のテストを意識して、学校教科書の内容を学習しています。

今日の授業の中で「定期テストの点数を上げるためには何が必要だと思う?」という質問をしました。
そうすると「学校で3学期に学習した内容をしっかり覚えること」という答えが返ってきました。

うん、大正解!!

これは英語だろうが国語だろうが数学だろうが副教科だろうが、すべての教科で同じこと。
テスト範囲の単語・漢字・用語・文法・解き方を覚えるということがテストの点数を上げるために一番必要なことです。

でも、、、それって意外と難しいですよね。
覚えないといけないのはわかっている。
でも、、、やりきれないっていう人も多いのでは?と感じます。

それがなぜか。
単純に、勉強が面倒くさいものだからです。

全部覚えられたらテストでは必ず好成績が出ます。
そのためには、覚えられていないものを何度も繰り替えして練習することが必要。

それは中学生全員頭ではわかっているはずなんです。
ですが、スマホやゲーム・テレビなど楽しいものに負けてしまいます。

テストの点数を上げるための一番のハードルが、勉強というめんどくさいものと向き合うことなんです。
そのため、兵庫いぶき塾の生徒には毎週の授業で単語や漢字のテストを課しています。

これの理由は毎回の授業内容を定着することがひとつ。
そして、「テストに向けて覚えるということに取り組む習慣」を作るためでもあります。

今日の授業では学校の漢字ワークの確認テストを行いました。
学年末テストまでに全教科覚えるべきことをきっちり覚えて、学年末テストに備えてほしいと思います。

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16