1月23日→中2英語

兵庫いぶき塾の英語の授業では単語テストと文法の例文暗記テストを必ず実施しています。

近年、兵庫県公立高校入試の英語は、長文とリスニングの重要度がどんどん高まっています。
先日行われた大学入試の共通テストの英語も、たくさんの長文を素早く読む力と、リスニングを聞き取り要点をまとめ問題を考える力が必要な問題構成でした。
そのことからも今後もどんどん長文とリスニングが重視される入試になっていくことを予測しています。

▼詳しくはこちらをご覧ください
大学入学共通テストが高校入試に与える影響を解説します【高校入試英語の未来を予測】
https://youtu.be/IYbQemPqiOQ

「長文とリスニングが出るんだったら、とにかく長文とリスニングだけをやるべき?」と考えてしまいがちですが、少しそれは間違っています。
というのも、単語と文法を理解し覚えられていないままで、長文を読み取ったりやリスニングを聞き取ったりすることは不可能だからです。

私はこれをいつも料理に例えて話をしています。
単語は包丁やまな板などの調理器具。
文法は焼いたり煮たりといった調理方法。
これらにそれぞれ例えることができます。
料理では、調理器具が揃っている状態で基本的な調理方法を知っているから、食材を与えられた時に適切に処理できます。
英語も同様に、単語といった道具を使い、文法という基本ルールを守ることで与えられた長文やリスニング音声を処理していけるのです。

そのため、単語と基本例文の理解と暗記を大切にしてほしいと思います。

今日の授業で行った単語テストと基本例文の英訳テスト。
合格できた人もそうでなかった人もいます。
ですが、毎回合格を目指してください。
覚えるスピードは、覚えた経験が増すにつれ、どんどん早くなります。
頑張って取り組んでほしいと思います。

兵庫いぶき塾
〒669-1103
兵庫県西宮市生瀬東町25-16
https://hyogoibuki.com/