早くも7月、にしても、めちゃくちゃ暑いですね・・・・・・。
クラブなどやっている人は水分補給をして、体調にはどうか気をつけて。

今回は高校受験生が7月にやっておくべきことについてご紹介します。
受験は3月まで続きますが、7月はとても大切な時期です。
というのも、夏休みほど多く自学に時間が取れる時期はないからです。

7月にやっておきたい勉強は、

  1. 基礎固め
  2. 学習の習慣化
  3. 弱点の克服

の3つです。
説明していきますね。

ポイント①基礎固め

7月にやっていきたいのは基礎固めです。
7月に学力の土台をガッチリ固められた受験生は2学期以降に大きく成績を伸ばします。

7月の間にやっておきたい基礎固め

  • 英単語の暗記:高校受験レベル1,800語
  • 数学問題集:学校ワークレベル

英単語は今後、長文やリスニングを解くときに絶対必要です。
できるだけ早く高校受験レベルの単語を覚えましょう。

数学は、学校ワークレベルの問題集を復習しましょう。
中1・中2の内容をガッチリ固めて夏休み明けにある実力テストに備えよう。

学習の習慣化

7月の間にやっておきたいのが学習の習慣化です。
クラブを引退したり、そろそろ受験勉強をはじめようという人が多いと思います。
成績を上げるためには、勉強を継続していくことが重要です。

学習を習慣化するためのアドバイス

  • 決まった時間に勉強する
  • 休みの日も早く起きる
  • 夜は早く寝るようにする
  • 睡眠時間は最低でも7時間確保する

勉強はやったり、やらなかったりを繰り返していてもなかなか成績は上がりません。
結果を出すためには継続が必要です。
受験勉強を継続していくためには、体調を崩すような無理な勉強の仕方ではなく、体調を整えながら学習できるリズムを7月の間に作っていきましょう。

弱点の克服

苦手に感じていることは放置していてもできるようにはなりません。
定期テスト・実力テスト・模試、そして入試など、ずーっと弱点はつきまとってきます。

だからこそ、弱点を克服する勉強を、自学にたくさんの時間が取れる夏休みに取り組みましょう。

弱点を克服するためのアドバイス

  • できなくなったところからやり直す!
  • 受験までまだ半年以上あるので焦らずコツコツと

もし中1から躓いているなら、中1の内容からやり直しましょう。
まだ、高校受験まで半年以上あるので、焦らなくても大丈夫です。
この時期にしっかり取り組むことで挽回は可能です!!

焦らずコツコツやろう

まだ受験まで半年以上の時間があるので、焦らなくても大丈夫。
ですが、ただ、時間だけが流れていくことがないように、毎日学習を継続して一歩ずつ確実に前進していきたいですね。

最後に、7月にしっかり学習できた受験生は2学期以降大きく成績を伸ばします。
これまで兵庫いぶき塾でも、そんな受験生を多く見てきました。
2学期以降の成績アップを目指して7月を頑張りましょう!

兵庫いぶき塾では夏期講習2週間体験授業を受け付けています

兵庫いぶき塾では夏期講習2週間体験授業を受け付けています。
2学期に大きく成績を伸ばすためには、夏休みの学習がカギです。

現状の成績を立て直したい。
さらに上を目指して学習したい。

このような目標が最も達成しやすくなるが夏休みです。
学校の長期休暇の間に学習することで、2学期以降結果を出すことが可能です。

現在、夏期講習全教科2週間無料体験受付中です。
最大3万円分の授業が無料になります。
年間を通じて最もお得に体験授業が受けられる時期です。

もちろん、体験終了後の強引な勧誘などはございません。
体験授業には参加人数の上限がございますので、お早めにお申し込みください。
夏期講習の無料体験のお申し込みは、夏期講習詳細ページをご覧ください。

>>兵庫いぶき塾夏期講習詳細はこちら