中学生の勉強。
あまり勉強しない子どもや、成績不振になっている子どものために、

「俺が(私が)勉強を教えてあげよう」

と考える保護者様もいらっしゃいます。

ですが、兵庫いぶき塾では保護者様が勉強を教えることは推奨しません
それには理由が3つあります。

  1. 中学生は親離れの時期だから
  2. 中学生に勉強を教えるのって難しいから
  3. どうしても感情的になってしまうから

1つずつ説明します。

理由①中学生は親離れの時期

中学生は、成長の過程として親離れをします。
子どもの時に反抗期ってありましたよね?

僕はありました。ただただ親のことを鬱陶しく感じる時期。
理由もないのに、親の言うことを聞く気がしないし、なんとなく嫌いになってしまう。
そんな時期って、けっこう誰にでもあるものだと思います。

そして、子どもはいつか親から自立していかなければいけません。
親離れ(反抗期)は自立のために必要な物だそうです。

だからこそ、保護者様が、「一緒に勉強しよう、一緒に勉強しよう」となると、子どもが避ける。
結果、親離れがきっかけで、勉強離れもひき起こしてしまう。
これまでにも、そういったケースを見かけることは何度もありました。

理由②中学生の勉強を教えるのって難しい

少し乱暴な言い方をしますが、「解ける」と、「教えられる」は違います。
しっかり勉強を教えるためには、『教育課程』を知っておく必要があります。

というのも、保護者様が子どもに勉強を教えるときに一番やってしまいがちなミスが、学年に合わない解き方で教えてしまうこと。

たとえば、中学2年生で学ぶ連立方程式を使った解法を中学1年生に教えてしまう、ということです。余力が残っている中学生が先取り学習をすること自体は悪いことではありません。
ですが、親が子どもに勉強を教えるのって、躓いている時が多いと思うんです。

勉強に躓いている段階では、まずは学校の勉強がわかるようになることが先決。
そのため、「教科書通りの解き方」を教えてあげることが必要です。
カリキュラムに沿わない教え方では、「そんな解き方やったことない・・・・・・」と余計に混乱してしまうこともあるようです。

理由③どうしても感情的になってしまう

子どもに勉強を教えるときに、イライラして感情的になってしまうことはめずらしくありません。
子どものためを思って教えているのに、本人にやる気が全く感じられない様子や、何回教えても同じ間違いを繰り返してしまう様子に、イライラしてしまう悩みを抱えている保護者様も多いです。

勉強がきっかけで親子関係が悪くなってしまう。
そんなご家庭の悩みをお聞きすることも、これまで何度かありました。

では、保護者様は子どもの勉強にどのように向き合えば良いか。

兵庫いぶき塾では、保護者様には勉強の内容を教えることよりも、学習のサポートをおすすめしています。

学習のサポートには、

  • 学習環境を整える
  • 成長を認める
  • 悩みや相談を聞く
  • 小さくても結果が出たら、一緒に喜ぶ

などがあります。

場所や時間など学習の環境を整え、良い相談相手になり、成長できた時に認め、一緒に喜ぶことが何よりも子どもを勉強に向かわせ、成績アップにつながります。

塾での活動を通じて感じることですが、子どもたちは、自分の頑張りが認められたり、結果が出て保護者様が喜んでいる表情を見るのが本当に好きです、
そして、また認められたい、またそんな表情が見たい、と感じています。

勉強を教えてしまうことで、子どもの勉強離れが進んだり、なかなか理解できないことで関係性が悪くなってしまうよりも、認めたり、悩みを聞いたりすることで、前向きに学習するための良い親子関係を築くことをおすすめします。

兵庫いぶき塾では夏期講習2週間体験授業を受け付けています

兵庫いぶき塾では夏期講習2週間体験授業を受け付けています。
2学期に大きく成績を伸ばすためには、夏休みの学習がカギです。

現状の成績を立て直したい。
さらに上を目指して学習したい。

このような目標が最も達成しやすくなるが夏休みです。
学校の長期休暇の間に学習することで、2学期以降結果を出すことが可能です。

現在、夏期講習全教科2週間無料体験受付中です。
最大3万円分の授業が無料になります。
年間を通じて最もお得に体験授業が受けられる時期です。

もちろん、体験終了後の強引な勧誘などはございません。
体験授業には参加人数の上限がございますので、お早めにお申し込みください。
夏期講習の無料体験のお申し込みは、夏期講習詳細ページをご覧ください。

>>兵庫いぶき塾夏期講習詳細はこちら